豊洲の水辺で遊ぶ   ~武器はSUP~   《 Season 2 》

水辺に囲まれながらも『陸』と『水辺』が断絶された地元豊洲。豊洲を拠点に、もっと水辺と触れ合える機会や場所を作る為のゲリラ活動ブログ。      ~ほぼ月2回、月曜夜更新~

「テントサウナ」オプション、はじめました!

f:id:bigstrategy:20211030233713j:plain



 

 

こんにちは、Daiです。

 

 

 

 

とどまることを知らないと言われる昨今の「第3次サウナブーム*1」。私も昔からパパ友と一緒に温浴施設のサウナに行ったり、日常的にスポーツジムのサウナで「ととのえ」ています。

 

 

 

 

そんなごくごく普通のサウナーであった私の「サウナ観」を一変させたのが、コロナ前であった2年前の夏、友人の豪傑マコトが企画した「オヤジキャンプ」にて初体験した「テントサウナ」だったんです。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211030235821j:plain

初体験は本栖湖で♡



 

 

夏の湖畔の水辺に居並ぶ沢山のテントの中で、唯一、煙突から白い煙を出しているテント。

 

 

 

 

ロシア製の「Mobiba(モビバ)」という、迷彩柄のこじんまりとしたカワイイそのテントの中に入ると・・・

 

 

 

 

もう、アツアツなサウナに仕上がっています!

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211031000101j:plain

ビバ!交感神経!

 

 

 

 

噴出する汗と共に10分弱。良い感じに仕上がったところで目に前に広がる「湖」という名の天然水風呂へ、いざダイブ!!

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211031002403j:plain

奇声をあげてダイブするオヤジたちw

 



 

サウナ → 湖ダイブを数セット繰り返したら、SUP(スタンドアップパドルボード、通称サップ)をベッド代わりに湖上で外気浴!

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211031000940j:plain

このSUPの用途は斬新なはずw



 

 

もう、サイコー過ぎる!!

 

 

 

 

この開放感と言葉に表せない気持ちのよさにドハマりすると・・・

 

 

 

 

その年の秋には、マコトが新たにフィンランドから取り寄せた大型テントサウナ「SAVOTTA(サヴォッタ)」が投入されました。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101213927p:plain



 

 

サヴォッタの室内はおやじ6人を余裕で収容できるほど広く、ストーブもパワフル。おやじ達を汗だくに仕上げてくれると、お約束の「広大すぎる天然水風呂」へといざなったのでした。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101175605j:plain

「天然水風呂」サイコー!

 

 

 

 

★★★★★

 

 

 

 

コロナ禍に見舞われ、外出することさえはばかれるようになった昨年。

 

 

 

 

満を持して、ロシア製の最熱テントサウナ「MORZH MAX(モルジュ マックス)」が南房総の「マコトハウス」に投入されました。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211031005158j:plain

高い断熱性から室内は120℃も可能!

 

 

 

 

コヤツはなんと「ツインストーブ」仕様と超絶パワフル。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101215543j:plain

「MORZH MAX」恐るべし

 

 

 

 

日中、仕事しながら気分転換にサウナに入り、夜はBBQ&お酒の宴!という「テントサウナ・ワーケーション」は、私にとってコロナ禍の中で一番のパワーワードとなりました。

 

 

 

 

また、2回目の緊急事態宣言が明けた今年の春には、BBQが許可されている茅ヶ崎のサザンビーチにて、仲間のリュウイチさんのモルジュで「ビーチサウナ」も初体験。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211031005924j:plain

湘南ビーチサウナ!



 

 

「海水風呂」はベトつくかな!?と思いましたが、意外なことに全く問題なく気持ち良かった!

 

 

 

 

「テントサウナ」は通常のサウナとはひと味もふた味も異なる別モノと思ってもらっていいと思うんです。

 

 

 

 

その開放的なシチュエーションでの天然水風呂や外気浴は1度味わってしまうと確実に中毒になるはず。

 

 

 

 

また、通常のサウナでは考えられない「仲間内だけで楽しめる!」「男女一緒に入って楽しめる!」という特徴もあるんですよね!

 

 

 

 

そんな、どこでも*2サウナができる「テントサウナ」ってキャンピングカーとの相性はバッチリじゃね!?ということで・・・

 

 

 

 

キャンピングカー・シェア」のオプションに「テントサウナ」を追加しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

居住空間のセットに手間のかからないキャンピングカーだからこそ、現場に到着するなりテントサウナも含めた準備は手軽に完了できます。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101221449j:plain

日帰りでも十分楽しめちゃう!



 

 

川沿いに立てたテントサウナでロウリュ*3を楽しみ、

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101222037j:plain



 

 

冷え冷えの川へダイブ!

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101222155j:plain

この冷たさが副交感神経を刺激!



 

 

そして、そよ風に吹かれながら脱力した日には、もうそれは夢見ゴコチに・・・

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101222307j:plain

オロポ(オロナミンC+ポカリ)も必須!

 

 

 

 

アウトドアが好きなアクティブな女の子だったら、キャンピングカーで湖畔へと繰り出し、テントサウナでととのえ、BBQで盛り上がる!というてんこ盛りイベントを提案して喜ばない子はいないと思うんですよねぇ。。。マジで(笑)

 

 

 

 

そんな最強ツール「テントサウナ」に興味を持った方は是非コチラを参考に ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

Carstayでは車内に大型薪ストーブを搭載した「自走式サウナカー」を始め、手軽にテントサウナ付きのキャンピングカーをカーシェアで利用可能です!

 

 

 

 

とはいえ、テントサウナをやったことのない方にとっては、ロケーション探しや設営の仕方、段取り等それなりにハードルが高いかもしれませんよね。。。

 

 

 

 

ということで、このブログを見て私のキャンピングカー「マティアス」&テントサウナをご予約頂いた首都圏在住のご希望の方には、日帰りでのキャンピングカー送迎&テントサウナの設営オリエンサービス*4を無料にて提供します!

 

 

 

 

要は「お膳立て」同伴(笑)ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

つーか、俺は一体ナニモノなんだろうか・・・

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20211101225704j:plain

*1:1964年の東京オリンピック直後に起こった第1次ブーム、スーパー銭湯の開設が相次いだ90年代の第2次に続き、今回は第3次ブームとのこと。

*2:焚き火可能な場所を調べ、ルールとマナーを守りましょう。

*3:熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進するサウナの入浴法。

*4:日程調整が必要ですので、希望日に沿えるかどうかはわかりません。